2011年02月15日

大阪私学振興大会

平成23年2月3日(木)NHK大阪ホールで行われました大阪私学振興大会に教職員4名、保護者10名が出席しました。

大会スローガンは
・公費支出の公私間格差をなくそう
・魅力ある私学めざして手をつなごう

第1部
☆開会
☆主催者あいさつ
 私学保護者会連合会会長 松川伊三
☆協賛者あいさつ
 私立中学校高校連合会会長 平岡正巳
   公立中・高の授業の後、塾に通う生徒がいるが、二兎を得るもの一途も得ずではないか?
   能力に応じて平等に教育が受けられるようにしてほしい。

☆来賓あいさつ
 大阪府副知事が橋下徹府知事からの手紙を代読
 大阪府議会議長 長田義明様
 私学振興議員連盟会長 横倉廉幸様

☆来賓紹介
☆要望書手渡し
 要望事項 1.私立中学校の経常費助成を削減しないようお願いします。
      2.公費支出の公私間格差解消を実現して下さい。

第2部 エキシビション
☆清教学園
 PTA聖歌隊
  おそろいの衣装に身を包み、清楚で優しい歌声でした。

☆履正社高等学校・履正社学園豊中中学校
 「九皐(きゅうこう)コール・エコー」
  2曲目は男性ソロでした。迫力あるステ−ジでした。

☆関西学院千里国際中・高等部&Osaka International School
 ゴスペルクワイア「Soul Of International School」  
  リズミカルな楽しいステ−ジでした。

☆大阪青凌中学校高等学校保護者会
 コ−ラス部「ブリランテ」
  澄んだきれいな歌声でした。

《感想》
○大阪府として、公費支出の公私間格差解消に向け、よりベストの状態になるよう努力して頂いている事を喜ばしく思った。また、H23年度新入生より、私立高生に対する授業料支援補助金の拡大(年収610万未満まで保護者負担額がなくなる事)をはっきりと知事よりうかがえた事は嬉しく思いました。

○いよいよ23年度から私立高校生等授業料支援補助金が拡大され、ドリ−ムゾ−ンといわれる中間層まで補助が拡充される事は大歓迎です。保護者として、国の宝である子どもたちの教育を更に豊かなものにするべく力を尽くしていけたら、と感じました。

○日本の次代を担う子どもたちの教育に公立・私立の格差を解消したい、という要望がよく解かる会でした。府会議員の先生方が多数参加されているのが印象的でした。

○保護者・先生・議員の方がたの地道な努力により「私立学校等授業料支援補助金」が受けられるようになった事をあらためて実感しました。教育の機会、学校選択の自由を実現させる為、これからも協力していきたいです。

○エキシビションがすばらしかったです。特に清教学園の混声合唱団が迫力ありました。

○私学振興大会の第2部エキシビションでは、PTA活動のコ−ラスを聴かせて頂きました。地域密着型の学校もあり、色いろな特色を知ることができました。宣真高校PTAも、わが子が卒業した後も何か参加できるものがあれば楽しいかも‥‥‥と思いました。

IMG_1112.JPGIMG_1114.JPGIMG_1120.JPGIMG_1124.JPGIMG_1125.JPGIMG_1126.JPGIMG_1127.JPGIMG_1129.JPGIMG_1130.JPGIMG_1131.JPGIMG_1132.JPGIMG_1133.JPG
posted by sgh12 at 11:31| 保護者会行事